Now Loading...

【インターン生体験談】自分に何ができるのかをひたすら考えた10日間 FacebookTwitterGoogle+共有

社員が集中して取り組みやすい環境

夢に見たインターンシップ。
スーツを着て黙々と仕事に取り組んでいる静かな環境の中で自分はやっていけるのか、凄く不安でした。

しかし、実際に行ってみると、そこで働いている人の多くはカジュアルな服装で、心地の良い音楽まで流れていて、自分の想像していた職場とは全く違っていました。
自分も将来このような環境で働きたい、といった憧れ・希望を持って僕のインターンシップは始まりました!

SEOってなに?から

初日は、担当に付いてくださった中条さんと池田さんと面談をしました。
いきなり「SEOってどんなものか知っている?」と尋ねられ、答えることが出来ませんでした。
こいつ何しに来たんだってレベルですよね。

そんな知識が0の状態でしたが、お二人が「分からないことがあったら何でもいつでも聞いてね。」と言ってくださったので、そこからは『分からない事があったら恥ずかしがらずに尋ねる』の精神のもと、積極的にSEOに関する専門用語、グランネットの雰囲気や売上、SEO業界の展望などについてお尋ねしました。

SEOってなに?から

山本社長との対談

3日目には、山本社長から僕と話しをする機会を設けていただきました。
正直かなり急だったので、何を話そうか全く準備していなくて本当に焦りました(笑)。
そんな感じでかなり怯えながらお話をさせていただきましたが、結果としてはめちゃくちゃ良かったです!

僕が「特定の業界に就職したい」という事を伝えたときに、山本社長自身の経験や、こうした方が良い、といったアドバイスをいただき、就職に対する考え方がガラッと変わりました。
実際に企業の社長と1対1で話す経験は、GOuniteのインターンだからこそ実現できたと思います!

山本社長との対談

プレゼンテーション

7日目からは、『採用HPから新卒を募集するためには?』を目標に掲げてプレゼンテーションを作りました。
元々8日間のスケジュールだったのですが、中条さんに「自分が納得のいくものが出来るまで延長して良いよ」と言っていただき、本気でグランネットの採用HPを改善するために10日間かけて完成させました。

時間の都合上フィードバックは得られませんでしたが、プレゼンテーションの骨組みやテクニックを教わり、直接社会人の方々にプレゼンすることは非常に貴重な経験でした。

プレゼンテーション

最後に

最後まで文章力のない文を読んでいただき、ありがとうございました。
インターンも初めてで、SEOという単語を聞いたこともない僕でも、中条さんや池田さんに支えられ最後までやりきることが出来ました。少しでも興味を持ってくれたら、是非インターンに参加してください。

最後に

(林 拓輝)